ABOUT US本多プラスについて

BEFORE 1946

 

台湾にて撮影された本多一家。右から二番目が現会長の本多克弘。一番左が、超音波機器の本多電子 創業者である本多敬介氏。

台湾での生活の様子。

1946

MAY

台湾でお茶・紅茶の事業を行っていた本多正造(本多プラス創業者)が、終戦直後、出生地の愛知県新城市にて本多セロファン工業所を設立。

1948

MARCH

愛知県新城市東郷村川路にてセロファン加工を軸に本多工業所として創業する。

1955

MAY

セロファン製毛筆用サヤが実用新案登録される。

毛筆用サヤが全国的な大ヒット。高級筆の産地である愛知県豊橋市、広島県熊野町ほか、全国の筆さやを一手に製造販売していた。

創業当時の従業員と。中央が本多正造。